91社がIFRSの「任意適用」を検討

 日本経済団体連合会は4月6日、「IFRS適用に向けた取組み状況等に関する調査結果概要」を公表した。同調査は、金融庁の「我が国における国際会計基準の取扱いについて(中間報告)(案)」を踏まえて企業の準備状況や懸念事項、課題等をアンケートしたもの。これによると91社がIFRSの「任意適用」を検討、うち5社は2011年度までに「任意適用」する可能性があるなどが明らかになった。