四半期 原則処理が求められる要件とは?

 四半期財務諸表を作成する際、「簡便的な処理」を採用することも認められている。ただし、一定の要件を満たさなければ、原則処理を採らざるを得ない。その要件とは「財務諸表利用者の判断を誤らせない」こと。具体的には、簡便的な処理による結果と原則処理による結果が大きく異ならない必要がある。この点、簡便的な処理の採用を考えている企業は留意が必要だ。
  • 企懇部会

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン