JICPA 決算・監査実務に十分な時間確保を~株主総会の後ろ倒しの検討も要請

 日本公認会計士協会(JICPA)の手塚正彦会長は4月21日、記者会見を行い、3月期の決算・監査実務における現状を説明した。監査法人や企業の在宅勤務が続くことで効率が低下しており、十分な時間確保が課題になるとした上で、企業に対して「株主総会の延期」または「継続会の開催」の検討を求めていく方針を示した。

  • ZEIKEN LINKS210506

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン