平成20年度改正法案は30日に衆院再議決の方向へ~期限切れ項目の適用関係細目も手当

 衆議院を通過後、参議院での審議が遅れている20年度国税及び地方税法改正案について、政府・与党サイドは、この30日にも衆議院での再議決を行い成立させる方針を23日までに固めた。

 これに伴って新法が“公布”され改正法の各項目が適用されることになるが、本誌既報の減税項目の遡及適用やいわゆる“不利益”項目の不遡及の細目が改正法成立後に明らかにされる“政令”で示されることになるようだ。

 なお、法案の成立・施行状況はHPの“税制改正速報”も御参照ください。
  • 企懇部会

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン