インドが米国とのCbCR交換取決めを批准~IBFD Tax News Service

4月29日付けでIBFD Tax News Serviceが伝えたところによると、4月25日、インドは、米国との国別報告書(CbCR)交換に係る権限ある当局間取決め(competent authority arrangement:CAA)を批准しました(Report from IBFD Tax Treaties Unit:Competent authority agreement on exchange of country-by-country reports between India and United States ratified by India)。

なお、既報のとおり、日本と米国のCbCR交換取決めは、昨年10月12日発効し、12月決算法人にあっては、2017年12月期を対象として2019年6月30日が、また3月決算法人は2018年3月期を対象として2019年9月30日が、それぞれ初回の交換期限となります。

提供元:kokusaizeimu.com