金融庁・東証 「株主との対話」の充実へ向け議論

 金融庁と東京証券取引所は4月26日、第7回「スチュワードシップ・コードとコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議」を開催した。機関投資家169人を対象にしたアンケート調査結果が紹介され、CG報告書がまだそれほど多くは読まれていないことや、内容についても有用性を感じないとの回答もあったことから、企業の開示が形式的で独自性がないのではとの指摘がなされた。