単体開示の簡素化、2年目に

 昨年3月期から単体財務諸表の簡素化が始まっている。3月期の会社(連結財務諸表作成・提出)の約80%が単体開示を簡素化し、12月期については約90%の会社が実施した。簡素化にあたって、これらの会社における開示・表示の方法に大きなバラツキは見られなかった。昨年、単体を簡素化した多くの会社にとって、2年目となる今年は、その作成負担の軽減効果が期待されている。本誌では2年目を迎える会社の留意点をまとめた。