被災地で活動する従業員等の旅費や宿泊費に係る給与課税の該当性の判断

今年1月に発生した能登半島地震など国内では近年、地震や豪雨による自然災害が頻発している。企業の社会的責任(CSR)の一環として、災害発生時に従業員等がボランティア活動することを後押しする企業も増えてきた。中には、従業員等が被災地でボランティア活動を行うに当たり、会社が旅費や宿泊費を負担するケースも見受けられる。社内公募による参加や休日利用の参加などのケース別に給与課税の考え方をお伝えする(2頁)。

  • ZS240619

  • PRESSLINKS230921

  • 通信DB インボイス制度関連記事特集

  • 官公庁公表資料リンク集

  • 税務通信テキスト講座

  • 図解でわかる!インボイス制度(11/30まで掲載)

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン