電気供給業に係る法人事業税の分割基準を大幅改正

平成28年4月の電力小売全面自由化を踏まえ、平成29年度税制改正では、電気供給業に係る法人事業税の分割基準が昭和57年度以来35年ぶりに改正された。

従前は1種類だった電気供給業については、改正地方税法により「発電事業」と「送配電事業」、「小売電気事業」の3種類に分かれ(地法72の48)、新たな分割基準の適用時期については原則、平成29年3月31日以後に終了する事業年度に係る法人の事業税について適用される。