政府税調 連結納税制度について専門家会合での検討状況を報告

政府税制調査会は4月24日,第22回総会を開催した。当日の主な議題は「老後の生活等に備える資産形成を支援する公平な制度のあり方等に係る海外調査について」,「連結納税制度に関する専門家会合について」,「納税実務等を巡る近年の環境変化への対応について」の3点。このうち連結納税制度については,これまで3回実施した専門家会合での議論の状況を,会合の座長である田近栄治氏(成城大学経済学部特任教授)が報告した。