TDB調査 IPO、「コンプラ、監査体制充実」が課題

 帝国データバンク(TDB)は4月22日、新規上場(IPO)の意向を持つ企業を対象とした「新規株式上場意向に関するアンケート調査」の結果を公表した。IPOの目的は「知名度や信用度の向上」、予定市場は「東証マザーズ」が最多。上場にあたり強化すべき点は、「コンプライアンス、内部監査体制の充実」との回答が過半数を超えた。