四半期決算短信 サマリー情報のみ先行開示した初の事例

LINEが4月25日に2018年12月期第1四半期決算短信のサマリー情報のみを開示し、2週後の5月9日に追加資料を開示した。過去にCF計算書や注記事項のみを後日開示した会社はあったが、今回のパターンは同社が初の事例。東京証券取引所は昨年、決算短信等の開示の自由度を高めるとともに、速報としての役割に特化するための見直しを実施。投資者の投資判断を誤らせるおそれがない場合には「サマリー情報」を先行開示し「連結財務諸表及び主な注記」(四半期含む)は準備が整い次第、直ちに開示する取扱いも可能とされていた。