「包括利益計算書」2計算書方式が大多数

 平成23年3月期の決算発表がほぼ出揃った。本誌では、「包括利益の表示に関する会計基準」の適用に伴う開示状況を調査した。包括利益計算書の報告様式としては、2計算書方式を採用した会社が大多数を占め、1計算書方式を採用した会社は46社にとどまった。また、経過措置規定である組替調整額の注記を行った会社が3社あった。
  • ZEIKEN LINKS210224

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン