ASBJ のれんに関する定量分析の結果

 企業会計基準委員会(ASBJ)は、「のれん及び減損に関する定量分析」と題する調査報告書を国際会計基準審議会(IASB)に提出、説明を行った。文書は、ASBJが今年2月に受けたIASBからの依頼に応じたもので、欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)と協力して日・米・欧・豪の4カ国・地域におけるのれんの残高の推移等に関するデータを分析した。欧州以外の国のデータ分析をASBJが担当した。これによって、2007年以降、4カ国・地域において企業ののれん残高が増加を辿っており、米国ではその費用化に130.5年(日本は11.4年)かかるなどの結果を得た。