ASBJ 税効果公開草案を公表へ

 企業会計基準委員会(ASBJ)は5月15日、第311回本委員会において「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針(案)」を公表議決した。これは、日本公認会計士協会の「繰延税金資産の回収可能性の判断に関する監査上の取扱い」(監査委員会報告66号)を基本的に踏襲し、企業の5分類に応じた取扱いなどの見直しを実施したもの。公開草案は5月26日に公表予定。質問事項を設け、2カ月間コメント募集を行う。