ASBJ 新リース基準開発へ、費用配分等を検討

企業会計基準委員会(ASBJ)は、「すべてのリースについて資産及び負債を認識する会計基準」の開発に向けた検討を進めている。主な論点は、「借手のリース費用配分について、前加重の認識とするか定額の認識とするか」や、「国際的な会計基準との整合性を図る程度」など。