ASBJ 繰延税金資産は全て非流動区分に表示へ

 ASBJは、日本公認会計士協会の税効果会計に関連する実務指針をASBJに移管すべく審議を行っている。移管にあたり取扱いの見直しも審議しており、IFRSや米国基準との整合性も検討課題とされる。見直した場合の有用性や、作成者の実務負担等も考慮しながら慎重に審議を重ねているところだ。検討中の論点のうち、繰延税金資産および繰延税金負債の表示区分については現行の取扱いを見直し、IFRSや米国基準に整合させて全て非流動区分に表示する取扱いへと変更する見込みだ。