耐用年数区分大幅見直し~四半期報告では追加情報で開示

 平成20年度税制改正で耐用年数の区分が大幅に見直された。たとえば機械装置については、390区分が55区分に括り直された。20年4月1日以後開始事業年度から適用されており、既存資産にも適用される。たとえば3月期決算会社にあっては、耐用年数を見直した場合、6月の第1四半期決算において、追加情報により開示することになる。
  • 企懇部会

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン