経産省 CGF研究会(第2期)中間整理を取りまとめ

経済産業省は5月18日、コーポレート・ガバナンス・システム(CGS)研究会(第2期)の中間整理を取りまとめ、「実効的なコーポレートガバナンスの実現に向けた今後の検討課題」として公表した。同省は2017年3月、各企業で検討することが有益と考えられる事項を盛り込んだ「コーポレート・ガバナンス・システムに関する実務指針」(CGSガイドライン)を策定。同年12月にはCGS研究会を立ち上げ、ガバナンス改革の現状評価と、実効性向上に向けた課題を検討してきた。今回の中間整理では、「社外取締役の活用」等の論点を挙げている。