本誌調査 短信自由化、様式にないEBITやROEを開示した会社も

2017年3月31日決算に係る決算短信から、サマリー情報様式の使用義務が撤廃され、開示の自由度向上に関する改正が行われている(No.3310、10頁)。本誌が2017年3月期決算短信を調査した結果、様式にとらわれず、自社で工夫した開示を行っている事例がみられた。本誌で開示事例を掲載している。