同一監査人による監査期間、有報等で開示へ

 日本再興戦略2016の素案では、「コーポレートガバナンス改革による企業価値の向上」策が打ち出されている。政府が5月19日に開催した第27回産業競争力会議において、その内容が明らかにされた。「情報開示、会計基準及び会計監査の質の向上」に関しては、監査法人のガバナンス・コード策定や、「同一の監査人による監査を受けてきた期間など、企業等による会計監査に関する開示を充実させる」等の方策が示されている。