測定区分、「公正価値」と「償却原価」へ

 企業会計基準委員会(ASBJ)は5月29日に記者会見を開き、「金融商品会計の見直しに関する論点の整理」公表の経緯などを説明した。国際会計基準と米国会計基準の差異など「金融商品会計」を巡る動きが慌しい。こうした動きを受けて国際会計基準審議会(IASB)は、「測定方法・区分の見直し」などを審議しているもよう。検討次第では、測定区分によって評価方法を定める現行方式から公正価値と償却原価で測定・区分する方向へ変わる可能性も。