リース専門委、「使用権モデル」採用に同意へ

 企業会計基準委員会(ASBJ)は5月26日、 リース会計専門委員会を開催した。議題は、国際会計基準審議会(IASB)と米国財務会計基準審議会(FASB)が3月に公表した討議資料「リース―予備的見解」(DP)へのコメントについて。審議はDPで提案された「使用権モデル」の採用に同意する方向で、7月17日の意見募集期限までにコメントを送付する予定。今後はIASBの審議状況を踏まえて、日本のリース基準と国際財務報告基準とのコンバージェンスを進める。