小規模宅地 被相続人の老人ホーム入居前後に留守家族が転勤した場合の適用関係を整理

 小規模宅地特例では、被相続人が老人ホームに入居したことで被相続人と留守家族が生計別になった場合でも、その留守家族が入居直前に被相続人と生計一で、かつ、被相続人の自宅に引き続き居住していれば対象となる。

 留守家族が転勤した場合における“生計一”や、“自宅に引き続き居住”の取扱いについて事例を基に整理した。