士業、法人、個人すべての方へ向けて不動産登記簿の読み方を解説!【税務QA-2020年6月号】

ある不動産を、誰が所有しており、どのような状況になっているかを調査する際、必ずチェックするのが「不動産登記簿(登記事項証明書)」です。
これは、司法書士のような士業や法人だけでなく、個人においても、自宅を購入又は売却する際に必要とされるわけですから、万人にとって影響がある項目といえます。
本特集では、不動産登記簿の基本的な読み方について、図表を交えながら解説します。

月刊税務QA 資料請求はこちらから 


税務QA2020年6月号

⇒〔最新号の特集〕
《土地の調査で知っておきたい》不動産登記簿(登記事項証明書)等の読み方のキホン

⇒〔最新号のコロナ関連特集〕
新型コロナ税特法などの税制上の措置や、それらに関連する納税者の取組みを事例で解説します。
CASE1 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う子会社等に対する支援に係る法人税の取扱い
CASE2 役員給与等における新型コロナウイルス感染症対応
CASE3 新型コロナウイルス感染症等の影響を受けて収入が著しく減少した場合における消費税課税事業者の選択の取りやめ等
CASE4 テレワーク実施における実務上の対応と留意点

⇒〔最新号の連載〕
■税金裁判の動向【今月のポイント】
第208回 代表者に対する貸付金の返済を受けるために支給した現金の法的性質
《新連載》■事例で理解する「令和2年度税制改正」等の主要ポイント
第1回 国外中古建物の不動産所得に係る損益通算等の特例
■若手職員 ファイナンスを学ぶ
第6回(最終回) 無借金会社はダメ会社!?
■税理士がチェックしたい 中小企業クライアントの就業規則ルール
第3回 時間外労働の上限規制(36協定の特別条項)

⇒〔最新号のSelection Q&A〕
第一線の執筆陣が、実務上重要で汎用性の高い事例を取り上げます。
CASE1 オープンイノベーション促進税制の活用
CASE2 裁判確定後の損害賠償金の処理

⇒〔最新号のFAQ〕
実務上、すぐに役立つ税制上の知識や取扱い方について、税目別にワンポイント解説します。
【法人税】法人税重要事例検討:売上及びその他の収益編ー7(収益計上の時期)
【消費税】区分記載請求書等保存方式(その5)
ほか


税務QAとは?
ほぼ全編Q&Aの形式で、実務上重要な事例から初心者向けの基本的な事項まで幅広い内容を取り上げる月刊誌。解説に図表等を織り込み、見開き中心の見やすい誌面構成には定評があります。

詳しくはこちら

  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 国際税務リニューアル

  • 知ってる?消費税

  • 高山先生

  • ふるさと納税

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン