金融庁 「投資家と企業の対話ガイドライン」公表

金融庁は6月1日、「投資家と企業の対話ガイドライン」を公表した。同ガイドラインは、スチュワードシップ・コードおよびコーポレートガバナンス・コード(CGコード)の附属文書という位置付け。CGを巡る現在の課題を踏まえ、両コードが求める持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に向けた機関投資家と企業の対話において、重点的に議論することが期待される事項が取りまとめられた。