未適用の会計基準等に関する注記

 過年度遡及会計基準の適用により、記載が求められることとなった「未適用の会計基準等に関する注記」。すでに公表されているものの、まだ適用されていない新しい会計基準等がある場合に、①新しい会計基準等の名称及び概要、②適用予定日(早期適用する場合には早期適用予定日)に関する記述、③新しい会計基準等の適用による影響に関する記述、の3項目を記載する。本誌では、有価証券報告書の提出期限を目前に控え、決算短信における開示状況を確認した。