米国も長文型の監査報告へ 「監査上の重要事項」記載要求

米国公開企業会計監視委員会(PCAOB)は6月1日、「監査報告書に関する改訂基準」を公表した。国際監査・保証基準審議会(IAASB)が国際監査基準(ISA)において定めたKAM(監査上の主要事項)に相当するCAM(監査上の重要な事項)の記載を新たに要求するなどの改訂を行った。米国証券取引委員会(SEC)の承認を得た後、2019年6月30日以降終了する事業年度の監査から段階的に始まる予定。