23年度税制改正法案の修正で民主・自民・公明が合意 所得控除の見直し等抜本改正項目や納税者権利憲章は先送り

 目下、実務家の最大関心事である23年度税制改正法案は、民主・自民・公明の三党が修正内容に合意したことにより、ようやく動き出した。

 国会に提出されている原案のうち、雇用促進税制等の新しい政策税制、つなぎ法によって6月末まで単純延長されている租税特別措置、現行制度の明確化・適正化に関する事項は切り離して修正法案に盛り込まれるが、法人税率の引下げや所得控除の見直し等の抜本改正項目は、修正法案に盛り込まれない。

 また、納税者権利憲章も先送りとなり、課税売上高5億円超の事業者に係る95%ルールの廃止等やグループ法人税制の明確化等は、修正案に盛り込まれることになるようだ。
  • 企懇部会

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン