2021年3月期 有報の総会前提出でKAMの早期提供が実現

 監査上の主要な検討事項(KAM)が本適用となりその記載動向が注目されている中,HOYA(東一,精密機器,トーマツ)が定時株主総会の前に2021年3月期有報を提出した。総会前提出のメリットには「議決権行使に有用な情報の提供」があるが,KAM導入で今後はそのメリットがより大きくなることも考えられる。

  • ZEIKEN LINKS210720

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン