関係法の未成立で国税不服審査制度改正は先送り~今国会での税法・関連法律成立状況

 いわゆるガソリン税問題等で揺れた169国会も、今週末には閉会する運びとなった。今国会の会期中には例年より1月遅れの成立となった20年度税制改正法をはじめ、非上場同族会社株式に対する相続税の納税猶予制度適用の基盤となる“中小企業経営承継円滑化法”が成立したほか、措置法の特別償却に関連した“企業立地促進法”が改正されるなど数多くの税法及び税制改正関連法が成立した。

 しかし、その一方では、国税における異議申立や不服審査制度改正のバックボーンとなるいわゆる“行政手続関連法”が継続審査となることから、結果的に国税不服審査制度の改正が先送りされることとなる見込みとなった。

 また、いわゆる“200年住宅”建設に係る税法上の特例も、関連法の未成立で実現期日が定まらない等の事態が生じている。そこで、今回は、今国会で成立した税法・関連法律や、未成立となる見込みの関連法の一覧をお届けして読者の参考に供することとした。