ASBJ セグメント情報「マネジメント・アプローチ」採用へ

 セグメント情報の開示のあり方が、現行の「事業別・所在地別」から、米国型の「マネジメント・アプローチ」へと変更される。企業会計基準委員会(ASBJ)は現在、専門委員会で、セグメント情報の開示に関する会計基準案の作成作業を行っているが、6月11日の審議では、公開草案の文案を基に、集約基準や開示項目などを論点に検討が行われた。
  • ZEIKEN LINKS210224

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン