「企業不正と監査に関するアンケート」第3弾

 企業不正を受け、監査人の役割を検討するため、アンケートを実施しています。最終回となる第3弾の質問項目は、「外部監査人は、不正または誤謬についていかなる対応を図るべきか?」、「外部監査人は監査において経営者による不正を発見できるか?」、「不正に起因して株主が損害を蒙った場合、外部監査人はどのような責任を負うべきか?」の3点です。ご回答は6月18日正午から6月25日正午まで受け付けております。