関心高まる「RPA」、経理財務部門に何をもたらすか

企業の実務担当者や公認会計士など、会計関係者から「RPA」という単語を聞く機会が増えてきた。実際、今年に入ってからRPAをテーマにしたセミナー等の開催頻度には目を見張るものがある。そこでは、一様にRPAによる仕事の効率化とコスト削減が訴えられている。RPAとは"何"であり、どうして"いま"なのか。今後1~2年程度で加速度的に普及すると予想されるRPAの導入意義と効果を考える。

  • ZEIKEN LINKS210506

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン