のれんの処理方法が国際的な議論に

 のれんは償却か非償却か。日本が企業結合会計基準の改正時に選択した結論は、「償却処理の維持」。将来的に日本基準が改正されるか見通せない状況ではあるが、現在、国際会計基準審議会(IASB)や米国財務会計基準審議会(FASB)において、のれんの会計処理があらためて議論されている。