JTが会計審でIFRS適用の取組み説明

 2012年3月期からIFRSを任意適用した日本たばこ産業(JT)は、6月14日に開催された企業会計審議会において、任意適用に関する説明を行った。IFRS適用の目的、導入に向けた準備、適用に伴う財務影響等について具体的に説明した。同日の審議会では、IFRS対応に関する中間的論点整理のとりまとめに関する審議も行い、任意適用の実例を積み上げることも課題との認識を示した。JTなど任意適用会社の事例も参考に今後の審議を進めていく。