JICPA手塚会長 コロナ対応やKAMについて言及

 日本公認会計士協会(JICPA)は6月18日に記者会見を開いた。手塚正彦会長は、企業側・監査側による新型コロナウイルスへの対応などから「企業の情報開示の重要性を改めて認識した2カ月だった」と語った。また、早期適用が始まった監査上の主要な検討事項(KAM)などにも言及し、会社法監査報告でのKAMの記載事例(No.3461・2頁)に触れ、さらなる定着に期待を示した。

  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200624

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 国際税務リニューアル

  • 知ってる?消費税

  • 高山先生

  • ふるさと納税

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン