収益認識の会計・税務 個別論点シリーズ第1回「商品券」

「収益認識に関する会計基準」の公表を受けて、法人税法が改正されるとともに、6月1日には国税庁から改正法人税基本通達が公表され、税務上の取扱いの詳細が明らかとなった。そこで、本号から数回にわたり、従来から会計処理が変わる論点を中心に、会計・税務の取扱いを確認する。第1回は「商品券」を取り上げる。