金融庁 長文型監査報告の導入課題等を検討へ

金融庁は6月26日、「『監査報告の透明化』について」とする文書を公表した。これは、海外で進む監査基準や監査実務の変更に対する日本の検討の方向を示したもの。国際的には、国際監査基準における「KAM」や米国での「CAM」などの、いわゆる監査上の重要事項を記載する「長文型監査報告」の導入が始まっている。同庁は今後、企業会計審議会で具体的な検討に着手する予定だ。