出荷基準による収益認識は認められない方向

 企業会計基準委員会(ASBJ)は6月26日、第16回「収益認識専門委員会」を開催した。専門委は、国際会計基準審議会(IASB)と米国財務会計基準審議会(FASB)が共同で公表したディスカッション・ペーパー(DP)に対するコメントを6月19日に提出。現在は、国内向けの収益認識基準作成に向けた「論点整理」の検討を行っている。実際にDPで提案された収益認識基準を日本に導入すると、日本で広く使われている「出荷基準」は認められない可能性が高い。