投資単位引下げにより個人株主数増加

 全国の4証券取引所(東証、名証、福証、札証)は6月18日、「2014年度株式分布状況調査の調査結果について」を公表した(調査対象3,565社)。株主数合計は前年度比8.3万人増加して4,713万人だった。このうち97%を占める個人株主数(延べ人数)は前年度の大幅な減少(21万人減)から一転、6.7万人増加の4,582万人となった。投資単位の高い売買単位1,000株の会社が100株へ移行するなど、投資単位の引下げが個人株主数の増加につながった。