2018年上半期 IPOは40件

2018年上半期(1月1日~6月30日)の新規上場(IPO)は40件であった。前年同期より1件減少したものの、各社の上場意欲は引き続き高く、前年とほぼ同じペースでIPOが進んでいる。全体的にサービス業や情報・通信業などの業種が目立ち、情報・通信業は12件中10件がマザーズへの上場だった。国際会計基準(IFRS)を任意適用して上場した会社も3件あった。