「会計基準選択の考え方」の開示内容を分析へ

 政府は6月30日、「『日本再興戦略』改訂2015」を閣議決定した。今回の改訂では、「決算短信におけるIFRSの適用に関する検討状況の開示内容を東京証券取引所と連携して分析を行い、各上場企業のIFRSへの移行に係る検討に資するよう、IFRSの適用状況の周知を図る」ことが追加された。本誌No.3215・3216でも開示内容の調査を行っているが、今後、金融庁と東証が開示内容を分析していくとみられる。