収益認識会計基準の早期適用状況を調査、上場28社が「会計方針の変更」に係る注記

収益認識会計基準を早期適用した上場会社は28社あることが本誌の調査で分かった(7月10日時点。集計対象は有価証券報告書または四半期報告書における「会計方針の変更」に係る注記で早期適用した旨を明記した会社。)。適用開始期は、「2019年3月期」が15社で約半数を占める。採用基準別では、IFRSが16社、日本基準が10社、米国基準が2社であった。