内部統制研究学会 「重要な欠陥」実態調査結果を報告

 日本内部統制研究学会の研究部会が行った「内部統制の重要な欠陥に係る実態調査」の調査結果の概要が、同学会の第1回年次大会で報告された。

 調査では、「重要な欠陥」の内部統制基準等での例示やアメリカでの実例を25項目に分類し、各項目が「重要な欠陥」に相当するかどうか、同学会の会員や上場企業、監査事務所に聞いたもの。調査結果では、基準等で例示されている項目については概ね判断が一致しているが、それ以外の部分では、回答者の判断が分かれているものが多かった。
  • 202102campaign

  • ZEIKEN LINKS210224

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン