ASBJ IFRS第16号「リース」適用に係る追加コストを検討

企業会計基準委員会(ASBJ)は7月6日、第388回本委員会を開催した。今回の審議事項は、「公正価値測定に関するガイダンス及び開示の検討」や、「リース会計に関する検討」など。リースについては、仮にIFRS第16号「リース」を適用した場合に想定される追加コストが検討された。オペレーティング・リースに係る資産および負債を新たに算定するにあたって、プロセスの構築および運用に関するコストが追加で生じる可能性があること等が指摘されている。