債権法改正の動向 

 現在、取引の基本的なルールを規定した「債権法」の改正作業が進められており、改正が実現した場合、明治31年以来の約110年ぶりの抜本改正となる。

 こちらは、消滅時効やファイナンス・リースも見直しの対象となっているため、税務・会計実務に影響を及ぼす可能性があると見る向きもある。

 改正時期はまだ未定だが、実現した場合、あらゆる取引、契約において何らかの影響はあると見られるため、留意が必要だ。
  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン