税制改正で棚卸資産における「切放し低価法」が廃止

 平成23年度税制改正において、棚卸資産の評価方法について、切放し低価法が廃止された。法人税法上、低価法による場合は、洗替え方式に一本化される(適用は、平成23年4月1日以後に開始する事業年度から)。当該改正の影響について、「切放し方式を採用している会社はそれほど多くはないので、影響は限定的」(会計士)との見方がある一方、「不動産業では、切放し方式を採用しているケースがあり、影響を受ける会社もある」という声も聞かれる。