〈KAM本適用集計②〉連結・個別の平均個数を算出

 2021年3月期から本適用が始まった「監査上の主要な検討事項」(KAM)について集計・分析する本シリーズ。第2回は,「KAMの個数」を取り上げる。早期適用では,KAMの平均個数は連結財務諸表の監査報告書においては2.2個だったが,本適用を集計すると連結の平均は1.3個となり,早期適用より少ない個数となった。

  • ZEIKEN LINKS210909

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン