FASF 実務対応レベルの新テーマ3本を評価依頼へ

 財務会計基準機構(FASF)は7月13日、第24回基準諮問会議を開催した。同会議は、ASBJに対して「新規テーマの提言」や「審議に関してアドバイス」する役割を担っている。当日は、「会計基準レベル」のテーマ1本の見送り(ASBJに提言しない)を決定したほか、「実務対応レベル」で新たに提案された3本について、ASBJに提言するか否か内容を審議。3本とも、関連する会計基準等の関係整理と技術的な評価を実施することとし、実務対応専門委員会への評価依頼が決まった。